谷川俊太郎『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』
original
5eca0d2a34ef016f80adeb1a 5eca0d2a34ef016f80adeb1a

谷川俊太郎『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』

¥1,100 税込

送料についてはこちら

出版社: 青土社 出版されてから半世紀近く経つが、そのキャッチーなタイトルとスタイリッシュな表紙は全く年月を感じさせない。 本詩集は谷川氏が詩の"朗読"に感化された時期に描かれており、語りかけるような口語体の表現が心地いい。 どんなに好きなものも 手に入ると 手に入ったというそのことで ほんの少しうんざりするな どんなに好きなものも 手に入らないと 手に入らないというそのことで ほんの少しきらいになるんだよ 「にがくもtenderな新詩集」の帯の通り、ほろ苦さと切なさとあたたかさにそっと包まれる一冊。(Suzuki Ayana)