伊藤紺『満ちる腕』
new
5f6c58e53ae0f475bc3befd7

伊藤紺『満ちる腕』

¥2,090 税込

送料についてはこちら

歌集『肌に流れる透明な気持ち』に続く2作目。 短歌45首、詩・散文8篇を収録。 ーー「腕前」とか「腕が鳴る」って言うけど、腕って、小手先みたいなことができない、すごく実直なヤツだと思う。かたちをもち、有機的で、経験を積み、なにかを掴み、そして生み出す、寡黙な腕。絶対的なものなんてふつうに存在しない自由で軽くてふたしかな日々に、鉄のように不変で普遍的なものではなく、誰かの腕、自分の腕を信じてみたいと思うのです。(伊藤紺) ブックデザインは、前作と同じくデザイナーの脇田あすかさんが担当しました。 表紙は淡いテラコッタのざらっとした質感ある紙に、てらてら光る透明パール箔。 ブラウンの見返し、浅黄色の栞…細部までとってもうつくしい本です。